マンションを高く売る方法を指南します。

マンション売却

家を高く売る方法ガイドとしては、最良の結果を得るために意識すべき複数のポイントがありますが、初期段階である「売る」という根本的な観点に目を向ける事が大切です。

家を売るという事は、専門業者に依頼し手続きを進めて査定結果を出して頂く様子になりますが、家の売却査定依頼を行う業者は1社のみではなく、たくさん業者に重ねて結果を受け取るようにしましょう。

複数の業者に依頼し査定して頂く事により相場が理解できるようになるため、対象となる物件が有している価値が把握する事が可能です。

また、業者に査定依頼をするという事例では売る物件のタイプにより業者選びをする事も重要です。

その理由は一言で不動産会社とは言ってもマンションの取り扱いを得意にしている企業が存在している一方で、一戸建て物件を得意としている企業も存在しているためです。

マンションを得意としている業者に対し、一戸建て物件の査定を依頼しても断られる事は無いものの、以後中古物件として売り出す際の販路が開拓できていないなどの理由で相場よりも低い価値を見出される事例があるので、売りに出す物件のタイプを得意としている業者に依頼しましょう。

そして、中古物件の取り扱いが新築物件の取り扱いと異なるのは、業者選びが済み業者側の処理が完了して販売開始された後、住人がまだ引っ越す前段階でも興味関心を抱いた内覧希望者が訪れて内覧するという様子です。

一見すると、新築物件のように室内空間に家具家電などの家財道具が一切無い状態の方が適しているように感じられますが、中古物件においては家財道具を設置したまま内覧して頂いた方が購入される確率がグッと高まります。

そのように、内覧をして頂く時には家財道具が設置されていた方が良いのですが、乱雑な印象は与えないようにするのがポイント。

 

特に使用感が出やすい水回りなどは綺麗な状態に保っておくと示されている価格で納得して購入して頂けるため、内覧により価値が下がってしまわないように掃除や整理整頓をしておく事も指南として挙げられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました